寄付のお願い

成人向け映像(アダルトビデオ)の出演者やクリエーターは個人事業主で、正当な権利を求める声は業界内でも社会でもないがしろにされがちです。
 彼ら表現者の人権や、その他のあたりまえの人としての権利を守るためには、弁護士や訓練されたプロの相談者の力が欠かせず、さらにセカンドキャリアのための学習機会を提供する必要もあり、それらには多くの費用がかかります。
 ご寄付は、常時、募っております。
 皆さまからお寄せいただいたご厚意のお金を、成人向け映像の表現者の人権と働く権利、生きる権利を守るために役立てます。
 ご協力をお願いします。

AVANでは、個人・団体、企業の皆さまのご寄付を求めています。私たちと一緒に、表現者の権利を守り、成人向け映像業界の改革を進めましょう。
ご寄付の流れ ※1口5000円から何口でも結構です。

※寄付者が法人の場合は、資本金等の額と所得の額の応じて計算した損金算入限度額までは損金算入でき、場合によっては経費で落とすことができます。法人の方のお申し込みの際、ページの上部の「お問い合わせ」をクリックし、「一般的なお問い合わせ」をチェックしたうえで、必須項目および「事業者名」と「住所」を記入して、「お問い合わせ内容」の欄に「寄付金送付」と書きいれて、送信してください。最大で1ヶ月程度お待ちいただきますが、ご入金確認後、受領証をお送り致します。
AVANでは、ご寄付いただいた法人・個人の皆さまを任意で公表させていただいております。
皆さまより賜った御厚意に対し、心より感謝を申し上げると共に、
ご期待にお応えできるよう、今後もせいいっぱい努力して参ります。
(50音順・ご希望の方のみ)
・ウノマス株式会社
・SODクリエイト株式会社
・株式会社グルーヴ・ラボ
・ジャパン有限会社
・ジャパンホームビデオ株式会社
・ソフト・オン・デマンド株式会社
・株式会社トップ・マーシャル
・有限会社ビタミンエー
・株式会社ヒビノ
・株式会社双葉社
・有限会社プレステージ
・株式会社レコンキスタスピリッツ

その他多くの法人・個人さまより、ご寄付をいただいてます。